« 黒いエンジン | トップページ | MarBell - Sister- »

2008/07/19

SPADA エンジン OZAWAにて解体

SPADAに積むVTZのエンジンをばらしました。
今回OZAWA R&Dでオーバーホールするに当たりチームでどうしても予算が足りませんでした。

そこでオーバーホール用のピストンなどの純正部品は定価より安くサポートしてくれたSHOPから持ち込み、
工賃を下げる為、僕と第1ライダーの坂本さんとでエンジンをばらして、組み立てを小澤さんにお願いするということになりました。普通のバイク屋さんなら嫌がる手法です・・・
こんなことを心よく引き受けて頂き本当にありがとうございます!

さっそく坂本さんとキッシーとでエンジンをばらしていきます。

Photo
VT系のガスケット類は同じことを確認しました。
下は発注リスト。何を頼んで何がないのかを管理するのも自分たちの仕事です。

Photo
ばらしていく時に組み立て時部品を間違えないように小澤さんに印をつけてもらいます。

Photo_2
クランケースカバーについたガスケットの残りカスをとるのも大事な仕事。
小澤さんの大事にしているスクレーパーをお借りしました。
ワンオフものでよく知られているメーカーものよりよくガスケットが落ちました。

Ozawa
ご満悦な小澤さん。

Photo_5
「クランクはカスが残りやすいから、こうやって洗うんだよ~」自らお手本を見せてくれる小澤さん。
部品は灯油で一つ一つ丁寧に洗い、トリクロで脱脂、洗浄して乾かしました。

Photo_6
しっかり分解され、綺麗に洗浄されたエンジンパーツ。


Photo_7

Photo_9

本邦初公開!?
小澤さんの手によってピストンとコンロッドも面取りされました。
なんでも面取りもただの面を出すのではなく何種類もの角度を組み合わせて面を取るということです。
恐るべき職人技です。
後ろで「あー、つかれた」と言ってます。
どうもすみません、ありがとうございます。

エンジンは小澤さんはじめ人の繋がりで助けられて進んでいます!
本当に感謝です。
皆様も前へ!ランキング参加1クリックお願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

|

« 黒いエンジン | トップページ | MarBell - Sister- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37531/41899846

この記事へのトラックバック一覧です: SPADA エンジン OZAWAにて解体:

« 黒いエンジン | トップページ | MarBell - Sister- »