« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/31

タイヤ

タイヤの銘柄はメッツラーのレンスポルト(RENSPORT)です。
予選で大活躍しました。
Mez_3

SPADAのちょうどいいタイヤサイズがなく、困っていました。
チームには僕からのチャレンジをお願いして新しいサイズを試させてもらうことに。。。
サイズは前後ともワンランク上がってしまうことや干渉などが心配でしたが全然問題ありませんでした。
端までは使えないけどハンドリングに直接関係ないので問題なしです。

設計上でのバイアスタイヤから剛性のあるラジアルタイヤに変化しましたが車体が負けることはありません。

ラジアルとバイアスそれぞれいいところがありますが、チーム全員がメッツラーに履き替えた後、軒並み2秒以上タイムを縮めました。

メッツラー最高だゾウ。
Photo_4

でも在庫がもう少ないそうです。。。
国内にはもう入って来ないとか・・・

なので今度は僕のCBR600RRに履いているピレリのディアブロスーパーコルサを試してみようと思います。
カタログにはまだ載ってませんが、中排気量向けのサイズが新発売になったようです。

予選しか使っていないメッツラー、極上のものがありますがどこかテストしてみたい方いらっしゃりますか?
もしいらっしゃったらメールくださいね。


ブログランキング、押して応援して下さるとうれしいです!
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/30

VTZエンジン画像

21日のエンジンの画像。ようやくアップ。
え?前回ばらした時とそんなに変わってないって?
そこはご愛敬ということでお願いします(笑)。
Photo_4


ピストンを当ててみる小澤さん
Photo_3

おっ、ここまだ面とりしてなかったな
Photo_9

仮組しておくか・・・
小澤さん「お~い外したボルト類持ってきて~」
キッシー「どれがどれかわからなくなってしまいました~shock・・・」
小澤さんannoy
Photo_5

もて耐某グースチームのエンジンもOH中でした。
これに乗るのは先日のモテローオープンのチャレンジクラス、優勝ライダーです。(おめでとうございましたhappy01
こちらのエンジンは小澤さんに完全おまかせモードのようです。
Photo_7

チッ、キッシーの野郎よ~annoyangryと言っているかどうかはわかりません。
Photo_8

ポート研磨までは余裕がないのでやりません。
Photo_10

「遊び心で楽しむ日刊ユーシン」のコーイチ選手も視察?にいらっしゃってましたhappy01
コーイチさんとは2005年のもて耐で一緒に耐久を戦わせて頂きました。
歌って踊れる・・・じゃなくて自分でエンジンをいじって乗れるすごいライダーです。
Photo_11

コーイチさん「売る程コンロッドあるよ~」
Photo_12

先日のT.O.Tでブローしたコーイチ選手のマシンのメタルを見せてもらいました。
正常なもの(右)と比べるとずいぶん変形しているのがわかります。
Photo_13

ブログランキング、押して応援して下さるとうれしいです。
人気blogランキングへ
banner_03


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/29

26日もてぎ走行

21日の祝日はOZAWA R&Dで新エンジン作業、26日の走行日に走りたいライダーがいたのとVTZエンジンを先にSPADAに載せることによってネガな部分を先に発見しておけると思ったのでキッシーも全力で協力。

練習用VTZエンジンを青梅のガレージにピックアップ、そのあと江東区でエンジン載せ替え作業を手伝い、用事があったので僕は早退。
うまくいくかと思いましたがエンジンがかからないということで、
僕は自宅~江東区でSPADAをピックアップして青梅のガレージに搬送することに。
青梅のガレージで保管してあるVTZのパーツ付け替えへ。一緒に作業してくれる折さんとたぶんプラグじゃないか~ということでまずプラグから変えようと交換するとエンジンがあっさりかかりました。
オイルをフラッシングしたり、ウォーターポンプを交換したあとナンバーがあるので実走してチェックしました。
明け方自宅へいったん戻り一睡もせずにツインリンクもてぎへ。
第2ライダーが乗車、すぐ戻ってきてもらいエンジンを確認してOKを出し、水温は高かかったものの無事走行出来ました。
僕はこの日は僕がテストしたいものが間に合わなかったので走るつもりはあまりなかったので、本当は車両を走りたいライダーに渡せばOKだったのですが、一通りの作業を見ていたのが僕なのと複数の人間が作業したことからプロがいないこの日は不具合が出た時の対応やネジの締め忘れなど僕が責任を持って見るべきだと思いました。

昼から走行で僕も少し走行。
ベストの1秒落ちで走れました。
VTZのエンジンは中速が太いですね。
やはり+3馬力はあると思いました。
しかし、期待した上の回転は意外になかったです。
意外に、壊れましたがSPADAのエンジンもよかったというのが感想です。

なんとかSPADAの車体でVTZのエンジンを載せる作戦のミッションは成功しました。
50点くらいだけど(笑)。
もっと頑張って少しでもいい車両にするために努力したいです。


1クリックありがとうございました!また押して応援して下さい。
人気blogランキングへ
banner_03

続きを読む "26日もてぎ走行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/26

エンジンかかりました

紆余曲折(略)ありましたが、練習用エンジンかかりました。

詳しくはまた時間ある時でも。

一睡もしてないですが、これからもてぎです。

眠気覚ましに、1クリック押して下さい。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/23

載せ替え用エンジン

昨日夜中にピックアップした載せ替え用練習エンジンをチェック。。。
エンジンオーバーホールのスケジュールから練習用エンジンを用意してもらいました。
しかし、最近何がメインの仕事なのかわからなくなってきました(泣)。

このエンジン、ライダーの一人が数千円で購入したものですが・・・
VT系のエンジンは数千円から数万円までピンキリでいろいろ手に入るのがいいところです。

載せ替え用の練習エンジン、
SPADAのエンジンという手もあったのですが、無理言ってVTZのエンジンにしてもらいました。
オーバーホールしているのがZのエンジンなので不都合が事前に発見出来るし、先行してファイナルを確認出来ますし、悪いことがないという仮説からです。


しかし、大丈夫かコレ・・・
Photo


安いだけあってセルモーターがなかったり、水回りのサビがかなりえげつなくて、本体のラジエターを痛めないか心配です。
一応サビを落とせるだけ落として水道水を回してチェックしました。
なんとかいけるかな?という感じでした。
しかし、蚊がブンブン飛んでいて、かなり喰われました(泣)。

このあたりで僕は時間切れで、あとは後ろ髪ひかれつつ作業を坂本メカ長様におまかせしました。

さて、練習用とはいえ、うまくエンジンがかかるでしょうか。

ランキング参加、1クリック押して下さい。
人気blogランキングへ
banner_03


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

今日は大暑

今日は1年で一番暑いとされる大暑でしたね。

ちょっと忙しく目が回りそうです。
書きたい記事もアップ出来ませんでした。。。

バイクがらみでは、もて耐でお世話になったところに1つ報告書を書き終えました~。
1つ前進!

きょうは夜中だというのにもて耐がらみで動いています。
ほぼ仕事になりつつありますね・・・

明日はとりあえず練習用のエンジン乗せれるかな~。


暑いランキングも必見!どうかな?ランキング。1クリックお願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

劇場版フランダースの犬

NHKでやっていて観てしまい、朝から思わず涙してしまいました。
たぶんアニメ版は幼稚園にもあがらない3,4才くらいに見た記憶があるんですけど、ラストシーンはよく憶えています。
リメイクされた劇場版ではラストが少し違うのと、20年後のエピソードが加えられていました。

観てるのつらいくらいのものすごく悲劇なんですけど、今を生きる我々にも多少なりとも重ねられる部分があり、ネロの気持ちが共感出来ます。

あなたは観た?ランキングクリックお願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/20

MarBell - Sister-

昨年の10月に交通事故で亡くなった松田塾のチーム員、フランキーの妹さんがn recordsより、CDデビューしました。(顔そっくりです)
是非とも応援よろしくお願い致します。
きっとフランキーも天国で喜んでいるだろうなぁと思い、うれしくなりました。
Marbell_2

詳しくはMarBellさんの公式サイト
http://www.marbell.jp/


ランキング参加、クリックお願い致します。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/19

SPADA エンジン OZAWAにて解体

SPADAに積むVTZのエンジンをばらしました。
今回OZAWA R&Dでオーバーホールするに当たりチームでどうしても予算が足りませんでした。

そこでオーバーホール用のピストンなどの純正部品は定価より安くサポートしてくれたSHOPから持ち込み、
工賃を下げる為、僕と第1ライダーの坂本さんとでエンジンをばらして、組み立てを小澤さんにお願いするということになりました。普通のバイク屋さんなら嫌がる手法です・・・
こんなことを心よく引き受けて頂き本当にありがとうございます!

さっそく坂本さんとキッシーとでエンジンをばらしていきます。

Photo
VT系のガスケット類は同じことを確認しました。
下は発注リスト。何を頼んで何がないのかを管理するのも自分たちの仕事です。

Photo
ばらしていく時に組み立て時部品を間違えないように小澤さんに印をつけてもらいます。

Photo_2
クランケースカバーについたガスケットの残りカスをとるのも大事な仕事。
小澤さんの大事にしているスクレーパーをお借りしました。
ワンオフものでよく知られているメーカーものよりよくガスケットが落ちました。

Ozawa
ご満悦な小澤さん。

Photo_5
「クランクはカスが残りやすいから、こうやって洗うんだよ~」自らお手本を見せてくれる小澤さん。
部品は灯油で一つ一つ丁寧に洗い、トリクロで脱脂、洗浄して乾かしました。

Photo_6
しっかり分解され、綺麗に洗浄されたエンジンパーツ。


Photo_7

Photo_9

本邦初公開!?
小澤さんの手によってピストンとコンロッドも面取りされました。
なんでも面取りもただの面を出すのではなく何種類もの角度を組み合わせて面を取るということです。
恐るべき職人技です。
後ろで「あー、つかれた」と言ってます。
どうもすみません、ありがとうございます。

エンジンは小澤さんはじめ人の繋がりで助けられて進んでいます!
本当に感謝です。
皆様も前へ!ランキング参加1クリックお願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/17

黒いエンジン

Photo_2
載せ替えのエンジン。
黒いエンジンになりました。
手前がブローしたエンジンです。

1987年~1988年に発売されたVTZ用の初期型エンジンを使用します。
いわゆるフルパワーの43馬力使用です。
見分け方はエンジン番号がMC15-102XXXではじまります。
後期型の40馬力仕様はMC15-105XXXになるようです。

ところで、ここは・・・!?

エンジンはOZAWA R&Dでオーバーホールしてもらうことになりました。

さぁ、復活に向けて第1歩!1クリック投票お願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/16

もて耐 予選 画像

写真ありがとうございます。
各所で写真が公開されはじめました。
我々プライベータにとって本当にありがたい存在です。

08071323net_2
(にせぐるkou@zaiさん撮影)
しっかり伏せるだけでトップスピードが平気で2~3キロは変わります。しかしメーターで前が見えない・・・
でもみんなメータは全然気にならないらしい・・・とほほ


08071317_2
(にせぐるkou@zaiさん撮影)
130R走行風景。ツインリンクもてぎでもっともスピードの乗るコーナー。
ここはST600と走り方変えてます。

0807135net
(すまぐる!ta-1君撮影)
クリップめがけて旋回中の図。かなり奥にクリップを取ってることがわかります。

今回初めてネイキッド車両で250CCの車両に乗りましたが基本は同じのようです。
たぶん筑波のテイスト系の車両なども作り込みの方向は同じなのかなぁ。
どっか乗せてくれないかな(笑)。
あとは乗り込んで行って車両の癖を把握していければと思います。


さあエンジンはどうなるのでしょう?続きを聞きたい?1クリック投票お願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

SPADA 部品リスト

今年はもて耐オープンのカテゴリーがまともにレギュレーションを受け取ると・・・
一般の誰もが購入出来る市販車ベースで250cc以下、2気筒以下になります。
普通に総合上位を目指すとなると、2気筒マシンのホンダVT系とかカワサキGPZとかGPX系になると思いますが、新車で手に入るものが現状でカワサキしかなく、そのマシンも今は売れに売れて品薄で手に入らない人も多く、どうしても絶版車で参加せざるを得ない状況です。

今回ブローのこともこともありますが、絶版車で距離を乗っているということもあり、エンジンのオーバーホールをやって少しでもリスクを低減しようと思いました。

特に大会側から絶版車に関しての部品の欠品状況などが発表されていないようですので、部品の発注がてら自分で調べました。部品の在庫状況に関してはバイクショップ SP BOXさんに協力頂きました。手間のかかる作業、ありがとうございました。
ホンダVT系とくにSPADAのエンジンとその他の最低限のオーバーホール用の部品リストです。
VTのエンジンはVTーFからSPADAまで共通部品が多いです。
我々はこれらの部品を発注しました。欠品のものは欠品と書いてあります。欠品でないものは部品として在庫がありました。VT系のピストンやピストンリングはまだ在庫がありました。
但し残り数個とかいうものもあるのでエンジンをオーバーホールすることを考えているところは早い目に押さえた方がいいと思います。
リストはあくまでキッシーが個人で記入したものなので利用される場合はよくパーツリストで確認してくださるようにお願い致します。値段は過去のものなので2割以上高くなっています。
他のマシンも誰か欠品状況を把握している方がいらっしゃれば公開してくだされば助かると思います。
たしかにこういうものはリストにするのは大変ですし、情報を公開するのは・・・というのもあるでしょうが、リスクが高いレースは別です。
エントラント同士協力して7時間耐久レースを無事終えられるように乗り切って行きましょう。
是非ともよろしくお願い致します。
エクセルデータ。
エンジン系、その他
「spada.xls」をダウンロード

1 12251-KV0-721 フロントシリンダーガスケット 1 980円
2 12252-KV0-721 リアシリンダーガスケット 1 980円
3 14401-KV0-003 カムチェーン        2 6900円
4 14515-KV0-720 カムチェーンテンショナー 2 2700円
5 14540-KV0-670 カムチェンガイドB        1 1200円
6 14542-KV0-670 カムチェンガイドA        1 1200円
7 131A2-KV0-720 ピストンリングセット        2 3000円
8 13101-KV0-720 ピストン               2 3700円
9 13111-KM3-000 ピストンピン        2  840円
10 13213-KV0-000 コネクティングロッドボルト 4  780円
11 13215-KM3-000 コネクティングロッドナット 4  520円
12 94601-16000 ピストンピンクリップ16mm 4   60円
13 11315-KE-8-000 オイルパンガスケット        1  300円
14 12209-MA6-005 バルブステムシール(NOK) 10  2850円
15 12391-KV0-720 シリンダーヘッドカバーガスケット 2  1100円
16 11632-ML7-000 ギアーシフトカバーガスケット 1   180円
17 91302-MB0-013 Oリング ウオーターポンプ 1   85円
18 19226-KE-000 ウォーターポンプカバーガスケット 1  140円
19 91314-KE8-003 Oリング ウオーターパイプ E-2 2  140円
20 91318-ME5-003 Oリング オイルパスパイプ E-2 4  400円
21 91308-PA9-003 Oリング 19.8×1.9        4  360円
22 15154-KV0-000 オイルストレーナパッキン 1  155円
23 計測後発注 Fメタル(計測後発注)コネクティングロッドベアリング 2 680円
24 計測後発注 Rメタル(計測後発注)コネクティングロッドベアリング 2 680円
25 11636-KE 8-000 ジェネレータカバーガスケット 1        140円
27 14781-MA6-000 バルブコッター 18 1980円
28 14751-KE8-003 初期型VTZのもの バルブアウタースプリング 8 2280円納期遅い
29 14761-KE8-003 初期型VTZのもの バルブインナースプリング 8 1760円 欠品
30 90446-KV0-720     共通 ミッションのスラストワッシャー 1 140円
31 90446-357-000 共通 ミッションのスラストワッシャー 1 185円
32 90454-428-000 共通 ミッションのスラストワッシャー 2 210円
33 90601-107-000 共通 サークリップ 3 285円
34 90601-329-000 共通 サークリップ 3 315円
35 91205-KT7-004 SPADA用 ミッションのオイルシール 1 380円
36 14711-KV0-720 インレットバルブ 4 3520円 欠品
37 14721-KV0-720 エキゾーストバルブ 4 7000円
38 15140-415-003 オイルポンプチェーン 1 1000円
39 91301-ML7-003 Oリング E5 1 110円
40 91301-250-000 Oリング E5 1 70円
41 91302-KE8-003 Oリング C14  18×3 1 80円
42 91313-393-003 Oリング C14  7.8×2.2 1 100円
43 91315-KE8-003 Oリング C14  24×3 1 100円
44 94301-08140 ノックピン 8×14 2 90円
45 94301-10160 ノックピン 10×16 2 100円
46 94303-04065 ノックピン 4×6.5 2 80円
47 16012-KY6-004 ジェットニードルセット 2 1560円
48 91301-MB0-000 コネクティングキャップガスケット 1 105円
49 91312-KE8-003 Oリング E-16  17×3 2 160円
50 91204-KK0-003 オイルシール 12×18×5 1 115円
51 18291-236-000 エキゾーストパイプガスケット 2 220円
52 22401-KM3-000 クラッチスプリング 4 560円
53 44620-KT8-000 フロントホイールディスタンスカラー 2 660円
54 42753-ML7-003 リムバルブ 2 550
55 91257-KA3-711 ダストシール 2 490円
56 91258-ML7-003 ダストシール 2 490円
57 42624-KT7-000 リアホイールディスタンスカラー 2 1220円
58 42625-KV3-010 L.リアーホイールサイドカラー 2 860円 欠品
59 90305-KE8-003 アクスルナット 1 185
60 91252-MC4-003 F13 オイルシール 28 ×47.2× 7 2 640円
61 91252-894-004 F13 オイルシール 25.4×40× 7 2 680円
62 91302-317-700 F13 Oリング F5  54×2 2 370円
63 17517-KY6-000 フロントタンクマウントラバー 1 155円 欠品

                                                 総合計 58875円

45120-KY6-000 フロントディスク 欠品

その他にもキャリパーピストンやシール類、ハンドル類等の発注したエクセル情報もあります。
もしほしい方いらっしゃったらメールください。

さあこれであなたのエンジンも安心?1クリック投票お願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03


| | コメント (3) | トラックバック (0)

SPADAエンジン ブロー

第1ライダー第2ライダー、第4ライダーのキッシーの走行を終え、最後に第3ライダーにスイッチ、体重の違いからサスセットを他の3人のライダーと変えて送り出しました。

順調に走行をこなし残り時間も少なくなりチェッカーも出て無事終了と思われましたが、マシンが戻ってきません・・・

あれれ!?どうしたんだろう?

・・・原因はエンジンブローでした。

早速現場でエンジンを降ろします。
Photo


いわゆるバルブ落ちでエンジンがブローしたようです。
v型エンジンの前側が落ちていました。
プラグもダメージを受けています。
Photo_2

Photo_3


しかも4つともバルブが落ちていました。。。

ピストンは写真にもあるように、「ピストンはどこ?」と思わず質問してしまったくらい見事に破壊しつくされておりました。バルブもまだ中に1つ落ちています。
Photo_5

このエンジンはリアが生きているのでもったいないですが、もう使えないそうです(泣)。

エンジンはまったく買ってきたそのままのドノーマルエンジンだったので特にチューンされているわけでもありません。

シフトダウン時などオーバーレブさせてからアクセルを開けてしまうとバルブ落ちしやすいということです。

このVT系エンジン低速・中速はすこぶるいいんですが街乗り主体で開発されていて高回転型のエンジンではないので、もてぎのような高回転を多用するコースはつらいようです。

たまたま我々のチームがトラブルが出ただけだといいんですが。
決勝がサバイバルレースにならないことを祈ります。
もて耐の決勝がエンジンブローする車両が多発しないように今一度エンジンや車体のチェックをお薦め致します。

エンジンがないと走れないのでエンジンを載せ替えてチームで新しいエンジンを作る予定です。
今度は信頼性を上げるためにエンジンのオーバーホールをやる予定なので、応援よろしくお願い致します!

ブローはしましたが前向きに行きます!さあエンジンどうなるでしょうか?1クリック投票お願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

エ、エンジンが・・・(@д@)

無事帰宅したところです。

4人のライダーも無事走行を終え、予選は終了しまし・・・・・・たかに見えました・・・・・・・

が・・・・・!!!

エンジンが!!!!!!
(SPADA君のエンジンの中・・・)
Photo_2

(゜ロ゜)えええー!!!、ピストンどこいったの?


Photo_3


Photo

(; ̄Д ̄)私学生ボタンじゃありません、私バルブと申します。


これは一体・・・話を聞きたい人は 1クリック投票お願い致します~。
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/13

予選結果

予選結果・・・

第1ライダー第2ライダー合算で総合7位でした!
エントリーの多いSPADA勢では2位かな。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3ライダー第4ライダー枠

自分の走行終わりました。
自分のパートは終わりました。
上位2台はGPMONOもどきのようです。。。
コーイチ選手に手振りながら抜かれました。
く、くやしい~

とりあえずノーマルエンジンのSPADAでも26秒台は出ましたが整備ミスがあったのと諸条件おりあわず・・・
マシンのいいところを出しきってあげることが出来ませんでした。まだまだ未熟者です。
何か起きてもあらゆる条件に瞬時に対応出来することといい流れをチーム全体にもたらすようにもっと頑張らなければと思います。
マシンのポテンシャルからノーマルエンジンで24秒は出ると思います。
残念ですがこれもレース、しゃーない。
楽しんで行きたいと思います。
Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もて耐 予選

今日はもて耐の予選でツインリンクもてぎに来てます。気温は31度、少し風が強いです。
もうすぐ予選が始まります。応援よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/11

もて耐 練習

今日はもて耐のテスト走行でした。
取りあえずフォーク粘度、車体姿勢を何とか詰めることが出来ましたが、
テスト項目が多くて走行が少ないので細かいサスセットまで煮詰めることが出来ませんでしたがようやく乗れる状態になってきたかなという感じです。
いやぁレーサー車両を作っていく作業は楽しいですね。
今回のコンセプトは「楽に7時間走れるセットを探す」です。
予選用の一発タイム出しでなくライダーが楽に乗れるセットです。
あとは細かい調整が出来ず予選日になってしまうのでほぼぶっつけですが皆一様に感想は乗りやすくなったとのことです。ただ1人のライダーが3人と比べて体重差40キロあるのでハンドリングが3人と異なりステップなど擦ってしまいどうしようかなと悩み中です。
Photo_8
SPADAのノーマルサスは減衰やイニシャルの調整が出来ないのでフォークの粘度は結構重要でした。
すくなくとも3種類の粘度、サスペンションオイルも3メーカーテストしました。メーカーによって結構ハンドリングがかわるのでおもしろいです。

Photo_10
何かうれしそうなD浅野さん。
あまりに写真に撮られてうれしそうなので拡大してみた。
Asano_3

ステム周りにガタがきてたので走行の合間にステムベアリングも交換しました。
ベアリングを入れる台座の打ち変えまでは出来ず、ベアリングだけを新品にしてあげました。
ガタは少し残るものの動きがスムーズに。
Photo_13

あとは操安系もグリップを「ロッシグリップ」に変えたり、ワイヤー注油してあげたり、ラバーシートを定番のTZラバーを付けたりとタイムには直接関係ないですが乗りやすくする工夫をしました。


もて耐開幕!1クリック応援お願い致します!
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/10

VTZ

市販車でも250CCは意外におもいしろいです。
VTZとSPADA両方もてぎで乗りましたが、両者ノーマルだと基本的なハンドリング・ストレートのエンジンの伸びはVTZの方がスパーダより若干ですが上です。ただVTZはエンジンオーバーホールするのにコストがかさむこと、欠品も多いことから7時間走らせるのに結構な手間が必要です。
結局、いろいろな経緯・事情から車両は予選までわずか2週間前にSPADAに決定になりました。
0807022net_2
(写真ta-1君)
VTZのハンドリングはノーマルサスでも悪くなくリアサスだけオーバーホールでもいいかなと思っていました。ショックのOHは今でもアイファクトリーさんで出来ると確認は取れていました。この車両でマフラー交換、クリーナーBOX加工したくらいのノーマルでとりあえずもてぎで2分31秒くらいで周回は出来ました。

ブログランキング、1クリック応援お願い致します!
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPADA

僕がもて耐で乗るバイク
HONDA SPADA

SPADAとはイタリア語で「剣」とか「カジキマグロ」という意味だそうです。
街乗り主体で長剣というよりは小気味よい切れ味鋭い短剣という感じですね。

何と今から20年前の1988年12月デビュー!
水冷・4サイクル・DOHC・90度V型2気筒(Vツイン)搭載の250ccバイクです。
もちろん今は絶版車で最新モデルは買えません。

市場ではレーサーレプリカタイプのバイクブーム全盛時代で販売はふるわなかったそうです。
ただ開発経緯を記したFACT BOOKを読むとバブリーな時代もあいまって開発者が気合い入れて街乗り主体のバイクにしては膨大な時間とコストをかけて開発されたものだと推察されます。
発売当時はアイルトン・セナが広告棟になっていて宣伝費もかなりかかっていると思います。
Spada_net_sena_3

10数万円程度で購入したバイクをレギュレーションに沿ってレーサー仕様にしました。
サビサビだった部品、チェーンやスプロケ、ベアリング類、ワイヤー類など消耗部品を交換し、事故後なのかフロントフォークをチェックすると微妙にインナーが歪んでいたので交換、抜けていたリアサスも交換しました。マフラーはモリワキ製が最初からついていました。とても1万5千キロ以上走っているエンジンまで見る余裕ありませんでしたのでまったくの手つかずです。
Spada_net

とりあえず20年以上前の古いバイクをサーキットで何かが壊れて他の走行者の人に迷惑かけないレベルまで車両を安全に整備出来るまで相~当~っ大変でした。ブログの更新もまったく出来ないくらい大変です。
フロントディスクなどすでに手に入らない欠品パーツも多いです(なので交換できないっす・・・)。
実際、整備に当たってくれた坂本さんと浅野さん、折内さんは大変だったと思います。
お疲れ様です。
また今回純正パーツを大量に購入するにあたり格安で販売して頂いたSP BOX、こてつ様ありがとうございます。
何とか走行出来るレベルにまでになりました。
ご協力して頂きました皆様ありがとうございます。

ブログランキング、ワンクリックお願いします。今の順位はどのへんかな?
人気blogランキングへ
banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

2008年 もて耐オープンに出場します

久しぶりの更新ですみません。
まぁ、いろいろ忙しくてたまりません。
貧乏暇なしというのはこのことです。

ところで、「TEAM KAZU&HERO」というチームからツインリンクもてぎで行われる7時間耐久レース、すなわち通称「もて耐」に3年ぶりに出場することになりました。

実は僕は公式レースでは2002年に梨本塾レーシングから出場したもて耐がレースデビューなんですよね。
なのでもて耐にはそれなりの思い入れがあります。
よりによって、もて耐の歴史の中で一番エントラントが多くレベルの高かった年です。。。
レースのことを何も知らないままはじめてMFJのライセンスを取って3ケ月間もてぎを走り込みました。
2005年はOZAWA R&Dより出場。
翌年国際昇格してから、もて耐は出てなかったので久々ですね。
もて耐オープンクラスといっても250ccの市販バイクがメインなんですが・・・
今年からこのクラスがメインになるようです。

雇われライダーとして!?第4ライダーで走ります。

レース関係者の受けはすこぶる不評ですが、僕的にはこの排気量、おもしろそうです。
実際250ccで走ってみての感想は、250ccの市販車メインなのでトップスピードが低くて600ccや1000ccのレースに比べて安全性が高いと思いました。
もて耐の話をしててよくバリバリにレース出てる人が250cc乗ってスピードが低くておもしろくないか?という質問受けますが、コーナーリングスピードがかなり高くてかなり「おもしろい」です。

いきなり大排気量車でレースをやりはじめたので250ccでレースをしたことがないんです。
逆戻り感がありますがセットアップから初心を学び直すつもりでやってます。
初心者の方は本当はいきなり大排気量でなくて250ccくらいで練習してステップアップして行けた方が安全ですね。
このクラスは育たないと見る人も多いと思いますが、現在新車で手に入る車種は多くありませんが来年以降、メーカーの最新250ccモデルがそろえば、市場動向からもエントリーが今年よりも増えて間口の広い人気クラスに育って行くと予感しています。

そんなこんなで出場を決めたしだいですが、マシンはホンダVT SPADAです。
当初VTZを予定しておりましたがエンジンの信頼性から急遽SPADAに変更。
今週予選なのに先週ようやくもてぎへ上陸。
僕なんか第3回公開練習で5周しただけですが何か?
予選までにエンジンのオーバーホールも出来ずほぼぶっつけ予選になる予定です。
マシンは今週急ピッチで仕上げ中なんですがどうなることやら・・・


ブログランキング、更新してないけど押してくれている人ありがとう。
人気blogランキングへ
banner_03


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »