« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/30

予選中に起こったこと

5/26(土)の今回のレースで予選中起こった出来事で、
いろいろな関係者の方々にご迷惑おかけしたことお詫び致します。
一応ごご存知の方もいらっしゃると思いますが誤解を持っている方もいらっしゃると思いますので、事の顛末を書かせて頂きます。

東日本チャレンジカップST600の予選中、タイムアタックをしている中でV字コーナーでオーバーラン、グラベル上で転倒してしまいました。
予選中であることと予選ポジションが2位だったため再アタックをする為に一刻も早くピットに戻る必要がありました。
マシンを確認してどこにも異常がなさそうなのでコースに戻ろうとすると、オフィシャルの方1人に回収車両を呼んだのでそれに乗るように指示されました。
「!?」
「どうしてですか!?」
体は大丈夫ですしマシンも自走可能なのにどうして回収車両に乗らなければいけないのか、僕はその場で抗議しました。
オフィシャルの方は「そう決まっているんです。そう書いています」

何に書いてあるのかはわかりませんでしたが僕にはどうにも理解出来きませんでした。
そんなルール聞いたことがなかったし第一納得出来なかったので、
「早くピットに戻りたいんです!」
「回収車に乗って戻ってください」
「なんでやねん!それはおかしいやろ!」
「もう呼んでいるのでそれに乗って下さいっ」

押し問答になってしまいました。

「ライダーの気持ちも何もわかられへんねんやろ!」
「いや、僕もライダーなのでわかりますよ」

僕も興奮してしまい、大阪弁で抗議になっていました。

でも抗議はしましたがアホ・馬鹿等の汚い言葉は最低限の礼節として使ってません。

僕は普段からオフィシャルに対してリスペクトしていますし、大会に参加していくうえでいつも感謝の気持ちので接しているつもりです。
普段からレース後は必ず何位であっても感謝の気持ちを込めてオフィシャルに手を振るようにしています。
お互いがいなければレースが成り立たない存在だしお互いリスペクトしなければいけない関係だと思います。

埒があかないのでコースから戻れないのだったらコース横の道から抜けれないのか聞きましたがこれも却下されました。
その間に車両は安全なところに移動させ車両もオフィシャルのチェックで異常なしです。

でもオフィシャルのその現場のリーダー格の人は回収車両に乗ってピットまで戻るようにの一点張りです。

・・・結局、押し問答している間に予選が終わってしまいました・・・


ガックリしましたが、回収車を待っている間にオフィシャルの方1人が、
「あそこから帰れるんじゃないですか?」と提案してくれました。
見ると現場からすぐそばのコース横の救急車両などが通る道がコース横に走っています。
今いる場所から安全にピット方面に帰れる道です。

なる程、ここからだと安全に誰にも迷惑かけずにピットに戻れそうだと思ったので
「ここから帰ってもいいですか?」と聞きました。
特に異論もでなかったので、この道を使ったらどうですかと言ってくれたオフィシャルの方に「じゃ、行きますね」
といい、何人かに押さえて頂いていたマシンを受け取りピット方面に走り出しました。
ピット近くで回収車両に出会ったので事情を説明してお詫びを言ってピットに戻りました。


・・・以上が顛末なのですがこの後も話は続きます・・・

予選時間内に戻ることは出来ませんでしたが予選結果は2位をキープ出来ました。
気持ちを切り替えて決勝へ向けて準備をします。
車両のチェックと修復、タイヤ交換、曲がった部品を調達に走ります。

決勝に向けてマシンの修復をしていたところ、アナウンスがあり大会事務局までくるように言われました。
行ってみると、大会副?委員長ともてぎ事務局の石川さんとアドバイザーの川島さん・坂田さんがいました。
副委員長(名前はわかりませんで仮にこう呼ばせて頂きます)が、
もう明らかに敵意向き出しで、
「あなた何で呼ばれたのかわかりますか?」
僕「わかりません」
「あなたオフィシャルに暴言吐いてオフィシャルの指示を無視、突破して勝手にピットに戻りましたよね?そういう報告書が上がってきています」
僕「ええ===!???????」

こっちも予選中で必死だったので、たしかに綺麗な日本語でスマートに抗議出来ませんでした、それは認めます。
でもリスペクトすべき存在のプロのオフィシャルの方にアホ・馬鹿等の言っちゃいけないことはわきまえいているつもりです。
最後に自走でピットに戻りましたが制止を振り切ったこともありませんし第一そこで止めた人もいません。
これはリーダー格以外の現場にいたオフィシャルの方に聞けばわかると思いますが・・・

僕は何で当事者の僕だけ決勝前の忙しい時に犯罪者扱いのように尋問されているんだろうと思いつつ、
また、なんで僕と押問答したオフィシャルの方、また現場を目撃していた別のオフィシャルの方々がいないんだろうと思いながらも、
現場での出来事を詳細に皆さんに説明しました。

○回収車に乗る義務がライダーにあるの一点ばりで予選中にも関わらず、すぐピットに戻れなかったこと。
○車を待っている間に予選が終わってしまったこと。
○たしかに興奮してスマートには話せなかったが言ってはいけないことは言ってないということ
○制止を無視してピットに戻った事実はまったくないということ

おおまかにいうとこういうことを説明しました。

しかし、議題は予選中グラベルに入った車両が回収車に乗る義務がライダーにあるのかどうか等、
レギュレーション的なことは、一切触れられませんでした。
また報告書と僕の証言が食い違っていることも触れられず、ただ暴言を吐いたのでないかということにスポットが当てられました。
このことに関しては川島さん・坂田さんがライダーの味方をしてしてくれて、僕も綺麗な日本語を使用出来なかったことを
素直に皆さんにお詫びしました。

そして最後にもし抗議等があれば、その場はオフィシャルの指示に従ってあとで抗議するようにということで、
その場は収まりまり解放されました。
後腐れするのも嫌だしネチネチするのは嫌なので僕に回収車両に乗るように指示したオフィシャルの方にも一言お詫びを入れにいきました。
(不在で代わりに別の方が承りましたと言っていましたが)。

そして決勝の準備を慌てて済まし(部品の調達等)何とか間に合いレースに出ることが出来ました。
もし僕が予選最初で転んで回収車が来るまで待つことになり予選が終わってしまっていたらと思うとゾッとします。

これは選手権に参加しているすべてのライダーにも当てはまることになるとも思うので敢えて書かせて頂きました。
9月にはワールドグランプリもあります。モトGPに出ているライダー達にもこれが当てはまるのでしょうか?

予選で転倒して車両も自走可能で体も無事でも回収車に乗らなければいけないというローカルルールがあるのかどうかわかりません。

翌日曜日の地方選でのブリーフィングではこのことが取り上げられていたということを色々なライダーから聞きました。
聞いた話では抗議が「オフィシャルに暴言を吐いた」になっていて、
そこだけがクローズアップされていたようで、どうにも僕的には複雑な思いです。
もちろんその場は抗議せずあとで抗議するのが一番スマートなやり方かもしれません。
でも予選が終わって自分で次の準備をしなければいけない体制のライダーにとっては貴重な時間と労力が必要なのは事実です。

運営側もライダーもルールをお互いがしっかり認識してコミュニケーション出来る、納得できる競技であればと思います。

もし、今後もこういうことがあって嫌な思いをする人がいないようにと節に思いますし、僕自身ももっとしっかりしてコミュニケーションとれるようになりたいと思います。

Taichitenntou1_2

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/05/29

写真

0705271motegi4

決勝中、5位から追い上げている画像。
ピレリタイヤのマッチングもよくかなり気持ちよく走れました。
(photo by 「俺たちのサーキット」山田さん)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

久しぶりの表彰台

2007年5/26
東日本チャレンジカップ選手権シリーズ第4戦もてぎ大会
ST600

とりあえず結果です!

予選
11台中2位  1分28秒211

決勝
11台中3位でした。 1分27秒413(コースレコード)

力を貸して頂いた方々どうもありがとうございました!
久しぶりの表彰台でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/25

もてぎへ

今週末は東日本エリア戦です。
もてローと併催ですが、エリア戦はJSB以外は土曜日開催です。

あいからずのバタバタでなんとか準備して出発です。
今回は雨対策で荷物満載です!
天候が不安ですが、土曜は何とか晴れることを祈って・・・
いってきま~す。


私信:きっちょむ夫妻
    今日詳細連絡します~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

顔が焼けました・・・

今日は全日本選手権の予選で某チームのお手伝いしてきました。
・・・といってもウォーマ巻いたりする程度ですみませんという程度でしたが(汗)。
いろいろ勉強になりました。
知り合いもたくさん観に来てましたね。地方選から全日本まで意外と会う人変わらなかったりするのがおもしろかったりします。
明日はもてぎの東コースに練習に行きます。
東コースは2年ぶりだし、好きなコースなので楽しみです!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/07

どしゃ振りのSUGO

東日本エリア選SUGO大会、無事乾燥しました。

・・・ええ、乾燥してます・・・

僕が(苦)

つなぎとグローブは乾きましたよ(ボソッ

ドライの予選でポールを取るも決勝はどしゃ降りの雨・・・
まったく雨の中をうまく走れませんでした。

結果は2位でしたが台数があまりに少なかった為ポイントも何もつきません。

天気も含めツキがなかったのは自分の責任です。
次は絶対挽回出来るようにしたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/05/05

天気は微妙なれど

昨日は転んでしまいました。シケインでスピードが出てなかったのでだったのでマシン、体とも無事です。
今日は問題なく特スポ走れたました。
明日はいよいよ本番です。天気が微妙ですが準備は出来ています。頑張ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

4輪ファン感謝デー

整備がてらにSUGOで観てきました。
D1選手によるドリフト大会もあり、アクロバットなヘリは飛びなかなかおもしろかったです。
4輪のイベントは初めて行きましたが駐車場という駐車場はほぼ満車。
お客さん結構入ってますね~。

さて明日からウイークに入ります。
ドリフト走行のおかげで!?路面のコンディションはよくないと思いますが明日は頑張ってセッティングを出して行きたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

SUGOへ

これからSUGOへ旅立ってきます~。
東日本エリア戦のためです。

仙台まで行ったり帰ったり大変なので週末まで戻らない予定です。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »